R.I.P.

requiescat in pace.

セクゾン担が3年振りにJUMPコンに行った話

HeySayJUMP LIVE TOUR DEAR.
横浜アリーナ公演10月9日2部公演に入ってきました。

《前提》

・JUMPのコンサートを観るのは『全国へJUMP↗ツアー2013』東京ドーム公演(2013/5/12)以来。

・横アリでJUMPを観るのは『JUMP ASIA FIRST TOUR 2012』 *1以来。

・友達に誘われて、改修後の横アリ楽しみだなー位の軽い気持ちでした。とびっ○から殺されそうな理由。

《結論》

めちゃめちゃ楽しかった。

全く期待してなかったわけじゃないですよ。ツアーが始まって、ツイッターに感想やレポが流れてきて、それを見るうちにだんだんワクワクしてきて。8月からアルバムを聞き込んで、仮面のペンライトを友達に買ってきてもらって。

公演前には仮面ペンライトを顔に当てて自撮り大会。気持ちはJUMPを初めて見れるリアちゃんです。服装も花柄とか入れてめっちゃジャニヲタっぽくしました。一緒に入る友人もまさかの花柄で、偶然にもなんちゃって双子コーデになりJUMP担っぽくて興奮しました。

という感じで既にめっちゃ楽しみだったんですけどそれを上回る楽しさでした。


以下、オープニングからの感想をつらつらと。

《OP》

ちょっとシャレた映像からスタート。
メンバーが抜かれる度に黄色い歓声が横アリを揺らす。この歓声の量で伊野尾人気を初めて肌に感じる。
ひとりひとり抜かれていって、満を持してのスター山田の登場。
車から颯爽と降りてくるスター。
ひとりだけ衣装がディズニー映画の王子並みのスター。おいおいまだ映像だぞ!?ってくらいの歓声。もうツアーも終盤なのに、初日初回公演か!?ってくらいの新鮮な歓声。
そうだよこれがJUMPコンだよ…!と、久しぶりのJUMPコンの空気感に興奮を隠せない私。同行者に思いついたまま興奮した旨を伝えまくる私。

《Masquerade》

9人がバーーーーン!登場したら、みんな赤と金色のヒラヒラするロングコートにメンカラーの仮面(羽付き)。
ロングコートは事前にWSとかで見てたけど、メンカラーの仮面は初見で最高に興奮した。私のボルテージ最高潮。
羽が縦についてるのが最高。なんだよこれ、すげーダサいのにすげー興奮するメンカラーの仮面。
この仮面、スーパースター山田様が画面に抜かれた時に、亀梨和也育ちの私は「取る…!取るぞ…ッ!取…まだ取らないんか!まだか!いつなんだッ!」ってめっちゃジタバタした。そんな開始25秒くらいで取らないよ…何を焦ってんだ私…

違ったらすいませんだけど、サビ前かどっかのタイミングでみんな仮面を勢いよく投げてた。なんでこんなに仮面に興奮するんだろう?セーラームーン世代だから????私セーラームーンよりウェディングピーチ*2だったけどな???

まずこのMasquerade、今回のアルバムのリード曲だけど最高にかっこいいじゃないですか。
実際生でパフォーマンス見たら無駄に重そうな裾をヒラヒラさせて舞い踊ってていやもうここが舞踏会やな!って勝手に納得してしまいました。
「踊ろう tonight」の髙木くんは最高にエロくてカッコ良かったです。平成のBetty Boop
あとソロでカメラ抜かれる時に腰回す人と回さない人がいて興味深かった。9人もいるから被らないように配慮とかしてるのだろうか。

《viva! 9's soul》

いわゆる自己紹介曲。
これJUMP担たちの声出しが完璧だった。横アリの一体感が半端じゃなくてびっくりしました…

あと、全員に看板と言える番組とかフレーズがあるの強い。特に伊野尾さん盛りだくさんすぎて。看板沢山背負ってるのに背負ってるプレッシャー全く感じてませんよみたいなベビーフェイス、強い。
あととにかく知念くんが可愛い。丸めて食べたいって言ってる人よくいるけどなんかわかった。

この時、歌詞の画面のフォントとぷぅがいるのすごいかわいかった〜!
会場に向かう途中にすれ違うオタクたちも担当のぷぅとか透明なポケットあるカバンに入れてたりしてて、こういうのやってみたい!ってなりました。やらないけど。

ウィークエンダー

ここ最近のJUMPのシングルで一番好きな曲。
が、しかし山田くんが踊ってるウィークエンダーが私の知ってるウィークエンダーじゃなかった。びっくりした。なんだあれ。ポップでハッピーなウィークエンダー過ぎた。

「君にやっと辿り着いた Sweet Answer」のAnswer部分を囁くスーパースター山田。からの会場の悲鳴。ここまでがウィークエンダーの醍醐味だよなぁなんてしみじみしました。しかし三連休真っ只中に聞くウィークエンダー、なかなか辛かったです

《Speed it up》

第一声が「えっBESTがふざけてない…!?」でした。すいません。
ふざけてないのももちろん良いんだけど、やっぱりBESTコーナーといえばおふざけ!みたいなところあるから、ふざけるノリからの真面目な感じの緩急がみたかったなー!

BESTで…というか、JUMPで一番好きな踊り方をする有岡パイセンのダンスが堪能できた。日替わり?セリフの所、薮くんが「刺激的だぜ」って言ってた。あれ曲変わりました??????ゲッスーリールーーー

《パーリーモンスター》

ロックな感じで始まって、メインステを上手下手に動き回って歌う圭人とノリノリのトリオ…最高だ…圭人が健一に見えるぜ…ってノリに乗ってたらサビでまさかの

横揺れ

え、こんなロックな感じでまさかの横揺れ!?!?バラードかな!?!?
普通にBAD BOYS的な縦ノリの準備をしてた私唖然
へ、へいせいかわいいじゃんぷだから縦ノリはダメだったのかな…

《今夜貴方を口説きます》

個人的に伊野尾がふざけてると落ち着く。
だけど白い羽に埋もれてる伊野尾完全にジェンダーレス男子だったわ…伊野尾から男らしさ感じなさ過ぎて辛い…

これもみんなC&R完璧だったな、CDにコールが入ってるからっていうのはあるだろうけど、それにしても声を出すってことにみんな恥じらいが無くて凄く盛り上がってた。

《order》

某さんデザインの衣装が最悪だったことしか記憶にない

この曲からの流れすごい良かったけど、衣装がアレ過ぎて記憶からそれだけ抹消したい。
order前の小芝居みたいなやつ、大階段にメンバー出てくるのすごい宝塚みあって良かったちなみに宝塚は見たことない。

《愛のシュビドゥバ》

これ普通にアルバムを聞いた時、一番いいな!って思ってたんですよ〜!
歌いながら2列でメインステからセンステ移動するJUMPちょうちょう可愛くて何故か涙が出てきた…

本来ならステッキとか持って踊るだろう所を仮面ペンラ上げ下げしてる衝撃。
トンチキすら味方にする、それがHey! Say! JUMP…。
そもそも1公演で2回も仮面アイテム使うとか仮面使いの上級者過ぎない?

《We are 男の子》

シュビドゥバからのこの流れ、最高に良かった…
メンカラーの飾りついたタンバリン持ってスタンドマイク使いとか、ジャニヲタ好きしかないやつな????
裕翔くんがタンバリン芸人ゴンゾーみたいになってた。それくらい動きが激しかった。
私がガチのJUMP担ならタンバリンをコンサート会場に持ち込んでたなってくらい楽しい曲。
こういうポップでキャッチーな歌は本当にJUMPの十八番だよね〜。

《我 I need you》

楽曲大賞で凄かった曲だ!ぐらいの知識しかなかったんですけど、凄い理由がわかった。
100%盛り上がる、盛り上がんないやつとか絶対いないでしょ!!!!!!!!
楽曲大賞のコメントで「アイドルにしか歌えないアイドルソング」ってあったけど、We are 男の子に続き、JUMPにしか歌えないJUMPソングだよ…

《Fantastic Time》

これたまたま家でテレビ見てたらちょうどその日がタイムボカンの初回ですげーかっこいい曲だな!って思ったんですけど。
曲初めの配置で圭人がセンターで、八乙女に「圭人この位置めっちゃ嬉しいんだよ」みたいに言われてて、本人照れててめっちゃ可愛かった…嬉しいんだよ!?それを思って見てたらなんか感慨深かった…のに、某さんデザインの衣装💢

EDMだし今どきっぽいし踊るし、ここへ来てこの路線シングルカットA面とか事務所本気だな〜って思ってたら大サビかなんかでスーパースター山田と伊野尾が背中合わせで歌っててついに伊野尾もここまできたか…って思った…

《MyGirl》

ありやま曲〜!この組み合わせはくじ引き?で決めたって同行者から聞いたけどこの二人の組み合わせで良かったなと思った(身長の話)
有岡パイセンのダンスも好きだけどスーパースター山田の人を殺しそうなダンスも好きだよ〜褒めてるよ〜
スーパースターのダンスを見る度にこの人は努力して努力してここにいるんだよな…って再認識させられるよね…

後ろで流れてるアニメーションが三角関係的なやつなのに、絵のタッチが柔らかすぎて微妙なミスマッチを生んでいたのだがこれでよかったのだろうか…

《僕とけいと》

知念くんかわいい丸めて食べたい。

知念くんと圭人の体格差が大人と子供ぐらいあって二人でアリトロ乗って歌うのめっちゃ可愛かった。幼稚園みあった。
衣装もめっちゃ可愛い系でこの人たち私と年齢あんま変わんないよね????ってちょっと確認したくなった
知念くんのふくらはぎが可愛かった。
知念くん可愛い。
知念くんの可愛いさのおかげで圭人のかっこよさが引き立ってたのでこの組み合わせナイス過ぎては…?本当にくじ引きか?って不正を疑ってました。

《ChikuTaku》

ねえええええ控えめに言って最高じゃない!?!?!?!?!?!?
JUMP担がずっと大絶賛してた意味がわかった。タイトルから興味を抱けなくてごめんなさい!!!!!!最高だったよ!!!!

久しぶりに見た紗々スーツ
スーパースター山田からの帝王薮くん、という最高の登場の仕方*3
てか薮くんってマジ歌上手くない???やっぱりスペオキって歌の上手さ問われるよね

メインステにバンドでゆとひかけーといるのと、残りのメンバーはセンステでがっつり踊るっていうのも良かった。
セットアップのスーツで踊りまくるジャニーズは最高っていう刷り込みがあるから*4
薮光がくっついて歌ってるの見てもあんまり歓声上がってなかったのがカルチャーショックだった。みんな薮光好きじゃないんか…

《Eve.》

Eve.の時のメインステセットの使い方天才すぎだろ????

バルコニーみたいなセット、バルコニーがたぶん1階から3階まであるんだけど、そこにメンバーが立って歌うの…いやもう王子様じゃん…ロミジュリやん…*5

メインステのバルコニーのセットいつ使うんだろうな〜って思ってたらまさかのこの曲でうわあああ最高!最高だよ!!!!って心の中でずっと叫んでた。
普通に歌も最高に良くて、大サビの髙木くんが最高過ぎて本当に心の底から付き合って欲しかった。あの大サビ、深夜2時くらいのカラオケで歌われてたら私絶対自分から告白してたよってレベルで最高だった。
別にJUMP担とかじゃないけどこの曲で泣いた、不審者でごめんなさい。

《Mr.Flawless》

これ一番楽しみにしてた曲!!!
なぜならJUMPでは髙木くんが一番好きだからです!!!!!薔薇を渡す演出も楽しみにしてた!!!!!!

当たり前のことを言うけど、身長高い三人(藪、髙木、中島)の三人がスーツの胸ポケットに薔薇を刺して花道を歩いてくるだけでもう最高にかっこいいんですよ。
ここはパリコレかな?ってレベルでスタイル良かった三人共…本当にくじ引きで決めたんか…?(三回目)

三人が座席表にダーツ投げて、その当たったとこに乱入して薔薇を渡しに行くって演出なんだけどさ????髙木くんが渡した子がさ、マイクが拾うレベルで「キャーーーー!!!!!!」って叫んでて、人間って予想してないことが起きると叫ぶよね…わかる…わかるよ…って肩をポンポンしてあげたかった…めっちゃ嬉しそうで私が嬉しくなった

衣装が紗々スーツのままなのがチョーーーーーもったいなかった。年末もミスフロ見たい…

《SUPERMAN》

私、SUPERMANの感想書くためにこのブログ書き出したと言っても過言じゃないです。

まず、この曲前に映像が入るわけよ。
設定はなんなんだろ?殺し屋?盗み屋?まあとにかくカタギの仕事じゃなさそうだった。
最後地下駐車場(ポイント)で山ちゃんセンターで歩いて、その後横からほかのメンバー入ってきて1列になって9人になるの…ねぇ…最高でしょ…
HiGH&LOWみがやばくて興奮した(見たことない)。めっちゃ悪の組織っぽかった。けどみんな顔が育ちよさそうなんだよな…

悪の組織っぽい映像に興奮してたら、メインステにぶら下がってるシャンデリアがなんかプスプス煙とか出し始めた!!!攻撃されたのか!?!?とか思ってテンション上がってたらまさかのシャンデリアに乗って登場するHey! Say! JUMP
キャッツアイにしか見えなかった。

WSでこのシャンデリアが「ジャンデリア」という名前なのが発表されてたけどそのダサさとかどうでもいいぐらいこのシャンデリア演出サイコーーーーーだから!!!!!!!

3:3:3でそれぞれ分かれて乗ってるのも怪盗団っぽいじゃん?大人数で行動したらばれちゃうもんね????
裕翔くんが黒い布を振り回してたのも昔の暴走族みたいで興奮した。
コンサート入る前からSUPERMANの演出をJUMP担が褒めまくってたのは知ってたけどこれ褒めないという選択肢がない。
この時の衣装も最高だった。前半で某さんデザインのクソ衣装を見せられてたから何でも良く見えた。

どうでもいいけどこんだけ悪の組織的な感じなのに君だけのSUPERMANなんだよ最高かよそういうダブルスタンダードな演出と曲が私は大好きです。

《Come On A My House》

やっぱりJUMPのシングルメドレーのファンサタイムは見てて最高に楽しい〜〜〜
裕翔くんの連続ファンサとか見てると後輩とジュニアもっと頑張れよとか思っちゃうよね^^
知念くんの「カモナマイハウス」の前に伊野尾が「ええーーー!!流石に横浜アリーナ全員は無理ですよね知念さん!」って言ったら知念くんがどや顔で「カモナマイハウス」って言って画面に抜かれたのが面白かったです。よくそういう振りを思いつくな。感心する。

《明日へのYELL》

どこからともなくみんなタオル出してて凄かった。
セクゾンもMakeMyDayがタオル曲ですけど、こんなみんなタオル所持してないよね…
みんな白いタオル振り回してた…タオル持ってないと非国民だった…
こういう曲の統制の取れ方、訓練されてるJUMP担って感じだったわ…見習いたいよね…

《DEAR.》

ラスト曲で変なピンクのロングコート着せられるJUMP
そうだよこれがジャニーズだよ…変なロングコート着せられてくれよ…

9人横並びで歌うDEAR.他担なのに胸に迫るものがあった…
特に薮山のアカペラのハモリ…めっちゃ綺麗だったよ…シーンってタイミングなのに誰も叫ぶ人とかいなくて…昔は沢山いたよね…???

本編ラストを飾るバラードとしてDEAR.が最高過ぎた。ずっと応援してきてるJUMP担とかだったら毎公演DEAR.で号泣してるよ私…

《EC》

スタトロとアリトロで色んなところに現れるメンバー
大量に出てくるカンペうちわ…
JUMPコンの原風景や…って勝手に懐かしい気持ちに…
JUMPコンの接近戦とファンサタイムって、セクゾンコンの同様の時間とは渦巻いてる欲望の濃さみたいなのが薄いんだけどなんでなんだろうね?w
9人もいるからみんなの欲望が分散してるのかな????やっぱりバックのJr.が誰もいないっていうのは大きいのかな…一体感も含めて…
どうでもいいけどアンコールがMagicPowerでなんだか懐かしい気持ちになりました。サマリーとかサマリーとかサマリーを思い出すよね!

《総括》

まとめに入りたいと思います。

気付いたことは沢山あったんだけど、この三点は間違いないかな。

・私がJUMPコンに行ってないこの3年とかの間ですごいJUMPが魅せれるグループになってたこと。

・ファンの一体感がすごい。これはバック担がいないって言うのがでかいのかそれとも飼い慣らされてるのか。

・ファンの年齢層がまた若返ってる


アルバムを聞いて行っただけの私がこんなに楽しめるコンサートを作れるってすごいなって思ったのと、魅せるところは魅せる、ふざけるところはふざける、ファンサするところはファンサするってこの3つを軸にしてそれをバランスよく配置してるんだよな〜。

特にユニット曲でふざけるの、可愛いの、かっこいいの、踊るの、が出来るってすっごい強みじゃないですか?私は今年のウェルセクコンのユニット曲を思い出して、JUMPは人数多いのもあるけど人数多いということを武器にしてるんだなって。

あとはスーパースター山田涼介という存在。
勿論、セクゾンにも佐藤勝利というセンターはいるけどスーパースターって前置きはつかないし、セクゾンで今後スーパースター名乗れる人は出てこないと思う。
Hey! Say! JUMP以降の主にセクゾンとか今のJr.のボリューム層の若い子たちって山田くんとかHey! Say! JUMPを見て、事務所に入ろうって思った子って多いんじゃないのかな?

山田涼介がジャニーズにもたらした物は本当に大きいと思っていて、それまでのジャニーズJr.ってシャカリキに踊ったり、頑張って努力するっていうのはかっこ悪い、そういう風潮少なからずあったと思うんですよ、誰のことって指定して思い当たる節があるとかじゃなくて、全体の風潮としての話。
けど、山田涼介はその概念をひっくり返したと思ってて。頑張ることはかっこ悪いことじゃない、山田くんみたいになりたい!って思う子が沢山出てきたのも事実。例えば、健人くんもMyojoに山田くんが出てるのを見て、同い年の子がこんなに頑張ってるんだから俺もやりたい!ってなって入所してる。私はスーパースター山田様に足を向けて寝れません。山田くんがいなかったら、健人くんは今頃きっと商社マンか広告代理店の営業です。私が出会うこともきっとなかったでしょう。

ここからは親しみを持って山ちゃんって呼びたいけどね、山ちゃんは本当に見てて気持ちがいいほど努力してるし頑張ってるよね。私はいつも山ちゃんを見ると自分の気持ちを正そうって気になるよwそれくらい見てて真っ直ぐで努力家で素敵な人だなぁ…勿論顔も抜群にかっこいいよ。身長はまあ!神様はそんなに色々くれない!

このスーパースターの存在を脅かすレベルで急成長株なのがやっぱり伊野尾なんだよな〜
伊野尾が人気なの知ってたけど実際コンサート会場で歓声とか画面に抜かれた時のおたくの反応とかリアルに感じちゃうと「まじか…」ってちょっと鳥肌モノだった。
きっと今初演のジャニワやったら、バンドのキーボードは健人くんじゃなくて伊野尾だし、きっとカテコの時に風磨くんの隣にいるのは伊野尾じゃなくて、いのふまも生まれてないよなぁ。たった4年前の事なのに、4年もあればこんだけ変わるかぁ…っていう気持ちもありますね…

そういえば4年前の冬、私は結構JUMPのことを見る機会が多くて派閥だなんだでなかなか現場も被ったりしなくて、少年倶楽部も卒業しちゃって全然お目にかかる機会なかったし、チケットも手に入りにくくなってしまって。
今回、チケットが当たって見れる機会を与えてもらってコンサート1公演だけだけど、見ることが出来てすごい貴重な経験をさせてもらったなぁ。

正直なところ、このコンサートは健人くんに見て欲しかったな〜って思ったんですよね〜!見てないよねー!聡ちゃんは見てくれたみたいだけどー!!!!

色々な気持ちも抱きましたけど、本当に9人みんな仲が良さそうで、20代男性とは思えない可愛さでこっちがびっくりすることも多々ありましたが、JUMP担が羨ましいよ!!!!今の環境大事にしてね!!!!!早くその場所に辿りつけるように頑張ってほしいな!!誰とは言わないけどね!!!!!

*1:折り鶴を折る神宮寺さんが記憶に新しい

*2:愛天使伝説ウェディングピーチ、1995-1996年にテレ東でやってたアニメ。セント・サムシング・フォーなるものを破壊して世界を平和にしてく物語。

*3:目の前の小島に暗い時から薮くんがスタンバイしてて同行者と二人で「え、誰」「細長い」「薮くんじゃね?」という会話を繰り広げた

*4:これをアンダルシアに憧れて洗脳と言います

*5:バルコニーといえばロミジュリという引き出しの少なさ